SEO対策用 文章の書き方

Google chromeを開き画面の一番右上の設定ボタン→シークレットウィンドウを開くをクリック

 

 

シークレットウィンドウの画面になる(個人の検索履歴が反映されないので一般的な検索結果になる)

 

 

yahoo、google、共起語(http://neoinspire.net/cooccur/)のトップページを開く

 

 

記事を書くキーワードを入力する

例:「FXとは」

入力すると関連キーワードが出てくるのでメモするか画面キャプチャをして画像を取っておく

 

 

ヤフーの場合は画面の下に関連キーワードが出てくるのでそれも画像キャプチャを取っておく

 

 

グーグルも同じ作業をする

 

 

グーグルも検索結果の下の方に関連キーワードが出てくるので画像キャプチャを取る

 

 

共起語(http://neoinspire.net/cooccur/)も同じようにキーワードを入力し、共起語の画像キャプチャを取る

 

 

Googleの検索画面でSEO順位の高いサイトをクリック(上位3つほどでOK)。

*広告、FX会社の公式サイト、ヤフーニュース等の大手のサイトの順位は無視して、通常のサイトでSEO順位が高いものが対象

 

 

SEO順位が高いサイトの内容をチェック。

また、どんな見出しで文章を作っているかもチェックする。

 

 

yahoo、google、共起語、SEO上位サイトの内容を参考にしながら文章の見出しを決める。

基本的にはExcelかワードを使って見出しを編集するのが良い。並べ替えに便利なので私はExcelを使っています。

 

 

上記をすることにより下記の効果がある。

  • yahoo、googleの関連キーワードを見出しに使う事により、検索ユーザーが調べたい内容(疑問の答え)との関連性が高い文章校正になる
  • 共起語(SEO上位サイトで使われている頻度の高い語句)を使う事によりSEO上位サイトの文章構成・キーワードと近い内容になる
  • SEO上位サイトの文章構成(見出し)を真似ることにより、SEOで成功している文章構成に自然となる

*他のサイトの見出しをそのままコピペするのはNGなので、内容を変える

*自分の経験や体験談、感想等を入れると独自文章になりやすく差別化ができる。国の機関等が提供している客観的な資料をコンテンツ内に入れるのも良い。

 

 

今回の例で言うと、見出しに「FXとは」と関連性が深いキーワードを入れ込むことにより、文章(本文)に使われている語句が関連性の高い語句の使用が自然と多くなる。

 

色んなサイトを参考にしながら、他のサイトに比べて圧倒的に高い文章の質と文章量でコンテンツを作成することにより、SEO検索上位に出てくるのが容易になる。

 

詳しくはこちらのサイトを参照:https://bazubu.com/category/seo

文章を書く時に注意!水平軸、垂直軸

縦横の行と列で設定したキーワード(h1タグ、metaキーワードで設定した語句)がいくつあるかでSEOに大きな影響が出ます。

文章がおかしくなるほどの調整は必要ないですが、水平軸・垂直軸を意識して記事を書くことによってSEOの順位は上がりやすくなります。

*1行とは「br」や「p」タグで改行されていない1行を指す。このタグで改行されて、それぞれの行にキーワードがあった場合は2行になり、水平軸ではエラーは出ない。

ただ、垂直軸縦に並んだ2行で同じキーワードが使われている場合はNG。3行にして、間の1行にはキーワードを含まないようにする。

 

「スプレッドとは」と言うキーワードで記事を作った場合の例で説明します。

水平軸

NG例:

スプレッドとは手数料の事です。つまりスプレッドとは、FX会社にとっての利益です。

解説:改行をしていない1行の為キーワードが2回以上出ているとNG

 

正解:

スプレッドとは手数料の事です。

つまりスプレッドとは、FX会社にとっての利益です。

解説:改行された2行にそれぞれキーワードがあるのでOK

 

 

垂直軸

NG例:

スプレッドとは手数料の事です。

つまりスプレッドとは、FX会社にとっての利益です。

解説:縦に並んだ2行にキーワードが含まれているのでNG

 

正解:

スプレッドとは手数料の事です。

手数料はFX会社の為にあるものです。

つまりスプレッドとは、FX会社にとっての利益です。

解説:改行された3行の2行目にキーワードが無く、縦に並んだ行でキーワードが使われてないのでOK