ワードプレスへの直接入稿の仕方

自分が受け持っているジャンルのワードプレスログイン画面に入る

FX

仮想通貨

https://www.lecotox.net/wp-login.php

転職

https://www.iabin-us.org/wp-login.php

ウォーターサーバー

https://www.standagainstpoverty.org/wp-login.php

 

 

専用のIDとパスでログインすると管理画面に入るので「投稿」→「新規追加」をクリック

 

 

指定されたキーワードに沿ってタイトルを入力(32文字以内)

*ライターから入稿された文章のタイトルが良い出来だったらそのまま使うが、そうではない場合は書き直す

*必ず指定されたキーワードをタイトルに含める(キーワードの順序は変更してもOK)

 

 

下記のサイトで文字数をチェック

http://tools.huu.cc/char_count/

 

 

例:指定されたキーワード「ウォーターサーバー 赤ちゃん」

タイトルには「【赤ちゃん用】ウォーターサーバー」と言うようにキーワードの順序がバラバラでもタイトルに含まれていればOK

ただし文章的におかしくないのであればキーワードはできるだけタイトルの先頭の方(左側)に記載する

 

 

タイトルを打ち込んでから、どこか違う場所をクリックするとURLが自動的に日本語のURLで表示される。

その部分を選択し、URLをローマ字読みのURLに変更

 

 

上記の例では「【赤ちゃん用】ウォーターサーバーで安心!ミル-544.html」と記載されていたURLを「akatyann-waterserver-544.html」に変更

*https://projectcairo.org/の場合は「末尾に数字+.html」が入らない仕様になっているのでそのまま「末尾に数字+.html」がない形でOk

*https://www.standagainstpoverty.org/の場合は「末尾に数字+.html」が自動で挿入される

 

 

ワードやテキストで作った文章をコピー

 

 

ワードプレスのテキストタブをクリックして「プレーンテキストとして貼りつける」をクリック

 

 

文章が貼りつけられた

 

ビジュアルのタブをクリックしてビジュアルモードで見る

 

 

改行してある文章を一旦つなげる(Back spaceかDeleteで改行を無くす)

変更前

 

変更後:2行だった文章が1行に

 

その後、文章の区切りのところでエンターを押し、再度2行にする

*理由:ワードやテキストからコピペした場合、文書の改行が正常に反映されない場合があるので一度改行を無くして、手動で改行をする事でワードプレス上で正常に改行された状態で表示する為

 

 

文章の見出しにしたい部分を選択した状態で「段落」→「見出し2」をクリック

 

 

見出しが太く、大きくなった

*「見出し1」は使わない。「見出し2」と「見出し3」のみ使う。

*「見出し2」の内容を説明する文章の中に更に小見出しが必要になった場合に「見出し3」を使う

 

 

文章を目立たせたい場合は目立たせたい箇所を選択し、「Quicktags」をクリック→「太字 B」か「赤・太字」をクリック

*見出し2の内容を説明する文章に「太字 B」か「赤・太字」を使う場合は多くても2~3か所にする。

多く使うとコンテンツが見にくくなり、素人ぽくサイトが見えるのでサイトの信頼性が落ちてしまう

 

 

下記は「赤・太字」を選んだ場合の表示

 

 

文章をリストで表示したい場合はリスト化したい部分を選び下記の部分をクリックする

 

 

リスト化されて表示された

 

 

実際のサイトでの表示:https://www.standagainstpoverty.org/akatyann-waterserver-544.html

上記のような手順で文章を作っていく。

 

文書を全て書き終え、文字の装飾等が終わったら管理画面の下の方に移動し下記を入力する

タイトル:32文字以内(タイトルをコピペで貼りつけてOK。キーワードの使用は1回まで)

ディスクリプション:240文字前後キーワードは2回まで記載OK。最大3回だが2回記載の方がペナルティを受けにくい)

キーワード:指定されたキーワード(キーワードの間のスペースは半角。「,」でキーワードを区切らない)

*タイトルはキーワードの使用は1回。ディスクリプションはキーワードの使用は2回までとする。無理やりキーワードを入れ込むとスパム判定されSEO順位が下がる原因になる

 

 

文章を書くときの注意事項

①キーワードを意識した文章作り

文章がおかしくならないのなら文章内にキーワードを意識して入れる(もしくは関連語句、類義語を使う)

 

②他のサイトのコピペは絶対にしない。あくまで参考にする程度にして、自分の言葉で言いなおしたりする

 

③一つの見出しに対する文章(見出しの下の文章)が長くなり過ぎないようにする

長過ぎる文章はユーザーが負担を感じ、読まなくなる可能性が高まる。

長い文章になってしまった場合は小見出し(見出し3)を使って文章を適切な量に分ける。もしくは大見出し(見出し2)を使って新しい見出しと文章に分ける。

 

④画像の代替テキスト(altタグ)にはキーワードを入れる

例:キーワード「ウォーター サーバー 赤ちゃん」

altの内容「赤ちゃんに安心、ウォーターサーバーとは?」、「ウォーターサーバーで赤ちゃんのミルク作り」等のように画像にあった画像説明文にさりげなくキーワードを使う

 

文章の入力が終わったら画像を挿入しよう!

基本は自分が担当しているサイトの最大横幅で画像を作成

 

https://www.projectcairo.org/の画像サイズ

最大横幅:740

小さな画像として使う場合:250~300

 

https://www.projectcairo.org/以外のサイト(例:https://www.standagainstpoverty.org)

最大横幅:728

小さな画像として使う場合:250~300

 

 

画像は下記のサイトから取得

https://www.photo-ac.com/

*ログインIDとパスはワードプレスの投稿画面の上の方に記載しています。

 

 

キーワードを打ち込むと画像が一覧で出てくるので使いたい画像を選ぶ

 

 

ダウンロードするサイズを選ぶ。先ほどのサイトの最大サイズより大きいものを選んでダウンロード。

*今回は728以上のサイズが1920×1440だったのでそれをダウンロード

 

 

ダウンロードボタンを押すとブラウザーの左下にダウンロードファイルが表示されるのでそれをクリック(グーグルのchromeの場合)

*ZIPファイルとして圧縮されて形でダウンロードされる。解凍ソフトを持っていない場合は下記のサイトから「Lhaplus」をダウンロードしてインストールをしておく。

https://forest.watch.impress.co.jp/library/software/lhaplus/

 

 

ファイルをクリックして、ディスクトップに移動(コピー&ペースト)

 

 

画像がダウンロードされるのでファイル名を変更(その画像を使う文章のイメージにあったものか、そのコンテンツのキーワードに関連するものに)

 

画像ソフト(通常はフォトショップ)を使って、実際に使う画像サイズにサイズをサイズ変更

Photoshopを持っていない場合こちらを参照

 

 

https://www.projectcairo.org/の最大横幅:740pxに合わせて修正

イメージ→画像解像度

 

 

解像度を728pxにしてOKをクリック

*入稿するサイトによって横幅が違います。https://www.projectcairo.org/は横幅740px、それ以外は基本728pxです。

 

 

その後、ファイル→書き出し→Web用に保存→jpgを選び、画質を60にして保存をクリック(ディスクトップに保存)

 

 

下記のサイトを比較

https://tinypng.com/

 

 

ディスクトップに保存された画像をクリックしたまま下記のサイトに移動しドロップ

画像ファイルが圧縮されたので、「全てをダウンロードする」をクリック

 

 

ブラウザーの左下に圧縮したファイルが表示されるのでクリック

 

 

画像をクリックしたまま、ディスクトップにドロップ

 

 

「ファイルを置き換える」をクリック

 

 

ファイルが横幅654pxで軽い画像になった。

 

 

ワードプレスの投稿のページを開き「ビジュアル」をクリック→画像を入れたい場所の左をクリック

*通常はh2、h3見出しのすぐ下の一番左をクリック。

 

 

その状態で「メディアを挿入をクリック」

 

 

画像ファイルをドラッグ&ドロップ(クリックしたまま移動して、離す)

 

 

画像のタイトルは削除し、代替えテキストにコンテンツのキーワードとその画像に合った説明文を入れる

 

 

修正後

 

 

コンテンツの横幅いっぱい(今回は654px)の場合は中央揃えにするし、「投稿に挿入」をクリック

 

 

挿入後、投稿の管理画面で画像が入った状態

 

 

実際のサイトでの表示例

 

 

今回はコンテンツ幅いっぱいの画像を使った場合だったが、400px以下の画像を入れる場合は基本的に左と右交互に画像を入れていく

*今回は300px×300pxの画像を試しに入れてみた

*画像を交互に入れたサイトのサンプル:https://www.standagainstpoverty.org/

 

 

入れた後

 

 

実際にサイトで見ると下記のように見える

*画像が400以上になると文字幅が圧迫されて見にくくなるので、挿入したい画像が400px以上の場合は基本的に中央揃えで画像を挿入し、文字は回り込ませずに画像より下に表示されるようにする。

 

 

全てのh2、h3の見出しタグの下に画像を入れたら投稿管理画面の中段ぐらいにある「アイキャッチ画像を設定をクリック」

 

 

アイキャッチ画像の画面が開くのでアイキャッチ画像にふさわしい画像を選んでドロップ(サイズは今回は654px)

 

 

その後「アイキャッチ画像を設定」をクリック

 

 

アイキャッチ画像が入った

 

 

実際のサイトでの見え方

 

 

 

最後にコンテンツのカテゴリーを決める。

右上の方にあるカテゴリーからこのコンテンツに合ったカテゴリーを探す。

最初は未分類になっているので、未分類のチェックを外す。今回は「FXの基礎」を選択

 

 

その後、右上の方にある「公開(もしくは更新)」を押してコンテンツをサイトにUPする。

*必ず最後にサイトで正常に表示されているか確認する事